Welcome! Atelier Mochamura

工 房"も ちゃむら"のホームページ

へ ようこそ
Welcome Atelier Mochamura
制作・管理: ドラえま
|プ ロフィール|

最近掲載した記事
2019-05-30 「ミミズは薬か」を更新しました。
2019-05-26 与那国島の大ミミズ調査速報
2019-05-26
Publications  発表・取材・引用に第40回日本土壌動物 学会発表の「ミミズの地表活動と月齢との関係」をアップ
2019-05-26 
Publications  発表・取材・引用にクロイロツリミミズの 再生についての発表内容をアップ
2019-03-25 仮説と調査研究予定を新設
2019-02-24 新着情報を更新
E-mail  ateliermochamura@gmail.com


とっておきの画像はこちらへ

Instagram  
新着情報  
ミミズ研究談話 会からのお知らせの転載です。
下記の内容で2019年標本同定会を開催するので、ご連絡いたします。

1.実習課題
 「野外生態系における陸生大型ミミズ類の標本同定会」

2.実習の目的
 陸生大型ミミズは、生態系エンジニアとして土壌生態系における分解系を駆動する主要な生物であり、温帯〜熱帯の森林や草原では大型土壌動物の中で最も現 存量が大きいため、特に重要な土壌動物である。日本では、分類学的研究が遅れており、未だに未記載種が多く存在し、多様性解明は遅れていた。1990年代 後半以降に分類学的研究が進み、2014年には日本で初めてミミズ図鑑が出版された。しかし、この図鑑を用いても外部形態だけでは同定が困難あること、種 分類形質の変異幅や種内変異の大きさなど、種同定が困難な状況はあまり改善されていない。今回は手持ちの標本で種名が不明な個体を専門家と一緒に種同定す ることで、ミミズ同定能力を高めることを目的とする。また近年明らかになってきた南西諸島のミミズ研究について紹介する。

3.対象者
 高校生以上の一般(大学生、大学院生を中心とする)。中学生以下は、オブザーバー参加とする。募集人数は、それぞれの開催地で使用可能な双眼実体顕微鏡 の数を上限とする(先着順)。

4.開催地
 栃木県立博物館研修室

5.実施内容および講師(予定)
2019年11月23日(土)
 13:00〜13:10 開催者挨拶
 13:10〜13:40 講演1「南西諸島のミミズ(仮題)」(石塚小太郎 東京都)
 13:40〜14:10 講演2「与那国島のミミズ&最近の話題」(南谷幸雄 栃木県博)
 14:10〜16:50 標本同定会(講師:石塚小太郎,伊藤雅道,南谷幸雄ほか)
お持ちいただいた標本を同定,簡単な解説など
 16:50〜17:00 閉会挨拶

6.参加費
 資料作成と消耗品購入代、講師旅費を捻出するため、参加費を2,000円とする。なお、オブザーバーも同額とする。会場までの往復運賃、宿泊費、宿泊場 所については各自で負担・確保すること

7.申込期限
 2019年11月20日

8.申込先
 soilzoologyynu@gmail.com

 開催直前のご案内となり申し訳ございません。

 ミミズの専門家が集まる貴重な機会です。
名前の知りたい標本などがありましたら、いい機会
ですので是非ご参加ください。

 参加申し込み後、受付確認メールをお送りいたします。
もし、2日経っても確認メールが届かない場合、大変お手数では
ございますが、事務局の方にご確認頂ければ幸いです。
You Tubeにホタルミミズが糞塊を作る映像を載せました。
◆与那国島の大ミミズ調査の速報を載せました
◆【本を 出 しました】 

干からびミミズや光 るミミズの謎を解きながら、研究する科学の楽しみを書きました。

ホタルミミズの見つけ方やミミズが鳴くのは本当だろうか
役に立っているミミズ
など
「ミミズの謎」
出 版社 誠文堂新光社
Amazon
 
◆お願い
 発光するミミズ=ホタルミミズの国内分布について調査しています。2019年2月22日現在、北限は秋田、南限は長崎・福岡です。青森、 北海道、鹿児島など、または1000m以上の高地でホタルミミズを発見された方は是非、情報をお寄せください。E-mail  ateliermochamura@gmail.com


工房"も ちゃむら"のホームページのすべてのコンテンツへは、ここから行くことが 出来ます。
 最 近掲載した記事にはマー クが付いています。

  Part 1

  Part 2

 Part 3


  Part 4

   ● ミミズあれこれ    ミミズの研究
ミ ミズの " どうして・・・? " を調べる
■ ミミズはどう して道に出て干からびているのか
    ミミズの大 量出現のなぞを考え調べる 
    
    ミミズの出現予報 
 
■ ミミズはどう やってふえるか
    フ トミミズを育てる    
    
ミ ミズの真実(ほんとうのこと)
こ んなミミズ・あんなミミズ
ミミズと人の暮らし
 
ミミズを育てる
■  シマミミズを 増やしてみる
■   
フ トミミズを育てる      
■  ミミズコンポストを考える
■  釣りえさのミミズって何者? 
■ アンドレイミ ミズ?とシマミミズの違いは?  
■  フ トミミズ一匹で子はできるか
       単為生殖を確かめる
  

■  ミミズの誕生を見 届ける
 ・・・ミミズの孵化の様子観察・・・
    

ミミズの種類
■  ミミズ・ミニ図鑑    畑や山で見つけたミ ミズ  
  1. い ろいろなミミズ
  2. ミ ミズの各部の名称
  3. ミ ミズのドラえまん 風同定法
■  ミ ミズの分類    
■  ミミズの体の仕組み  
■  ミミズのシッポ切り
■  ミミズウォッチン 新ミミズ観察日誌
■  ミミズの名前の由来・語源    
  
ミ ミズではないけれど
ミ ミズいろいろ
ゲストブック
■  旧ゲストブック

  ●ジャ コウアゲハとウマノスズクサ 

   ● ヤスデ    

   ● ヒキガエルあれこれ  

   ● 石と土ウォッチング  

   ● クマムシ について   

●Anguillajaponica という魚について

● アカテガ ニの一生 

● ミジンコ の大量発生の条件研究 
■ その 1   添 加物(餌)によって成長増殖がどう違うか
■ その2  寿命はどのくらい?メスは何匹子供を生むの か?
■ その3  再び増殖実験計画

● カラスの 話    

● 燻製を作る

● 紅茶を楽しむ
■   紅茶に合 うチーズを探す
■   紅 茶に合う スコーンを作る
■  茶葉を かたっぱしから試す
 
■  マサラ ミルクティーをおいしく飲もう
■  お茶の 葉っぱから自家製紅茶を作る
  

● 自家製コーヒーにチャレンジ    

● あんずをめでる(杏を愛でる)       

● ジャム・コンポート日記 (近日掲載予定)

● ウォーホ ルのマリリン・モンローを考える 

● 体験的便 利術   
■ その1  からだ編  
■ その2  生活編
■ その3  超能力編
■ その4  木工編

● ストレス の原因と対策

● 自転車は 二輪なのになぜ倒れないか        

● ロ ケットは なぜ飛ぶ か     

● 光はなぜ 屈折するか

● センダン グサの種は、なぜ服に付きやすいか

● 円周率を求める

● 1985年のジャンボ機事 故と放射性物質     

  Part 5


  Part 6 
 
 ゲ ストブックはこち らです
ミミズに関する質問や感想・意見など、どしどしお寄 せください。
オモチャや自転車、植物、ミジンコ、竹笛、カラスのこ となど
ミミズ以外に関する
質問や感想・意見なども、どしど しお寄せください。







 Part 7  更新記録

 

 

ご意 見、ご感想をお寄せ下さい。

E-mail  ateliermochamura@gmail.com
  Copyright(C) Doraeman & 
Atelier Mochamura



  

・ 当ホームページへのリンク は大歓迎です。せっかくですので事後で結構ですからメールをいただければ幸いです。
・本ホームページの全ての内容は個人によって作成・運営されています。所属学会や研究プロ ジェクトとしての公式見解では有りません。(ドラえまん)
・工房"もちゃむら"のホームページwell.com mochamuraに掲載の記事や写真のすべての内容は日本の著作権法並びに国際条約によ り保護されています。無断転載はご遠慮ください。

Atelier Mochamura